怠け者営業マンの告白~自分をコントロールするとは?
2017/04/10

もしあなたが営業マンなら、こんな経験ないですか?

・飛び込み営業で、門前払いを食らう
・訪問のアポを取るために、何十回も同じ電話をする
・厳しいノルマを達成するために、親や知り合いにセールスする

これらは、営業マンが抱える深刻な悩みの一つです。

生活のためとはいえ、
毎日多くの時間を無駄にしていることか…

毎日毎日、断られる恐怖に悩まされながら生活するのは、
もううんざりですよね…


・・・
・・・

そんなあなたに朗報です。

ほんの一握りの営業マンが実践している
とあるテクニックがあります。

この方法を使えば、たとえ怠け者だとしても、
しっかり結果を出すことができます。

あなたのような勉強熱心な方がこの方法を使えば、
かなり大きな効果が期待できるでしょう。

今から紹介するテクニックを使えば、、

・あなたはもう自分からわざわざ
 営業しに行く必要はありません。

・あなたの商品を必要としている見込み客が、
 ひっきりなしにあなたの前にやってきます。

・今までの無駄な時間が無くなり、
 家族やプライベートの時間をしっかり取ることができます。

この方法を取り入れることで、
今までの悩みから解放され、
夢のような生活を送ることができるでしょう。

 

 

そのテクニックとは、、

「自分に合いそうな見込み客を紹介してもらう」ということです。

「紹介」は営業において最も強力なツール
といっても過言ではありません。

見ず知らずの人に「この商品はいかがですか?」と
飛び込み営業をしに行くのと、

「あの人の商品は良いよ」と
あらかじめ友人から言われている人に販売するのと、

どちらが成功率が高いと思いますか?

人は物を売ってくる人間を
信用しないようにできています。

物を売ってくる人全員を信用していたら、
あっという間に破産してしまいますからね…

でもそれが、知っている人の紹介となれば話は別です。

あなたが話す前から、
見込み客はあなたのことを信頼してくれています。
その人たちに物を売るのは、とても簡単なことです。

でもほとんどの人は、
お客に商品を販売したらそれで終わり。
また次の新しい顧客を探しに行く。
というスタイルをとっています。

では、どうすれば紹介をもらうことができるのでしょうか?

どうすれば、セールストークから「紹介が欲しい」という言葉に
スムーズにつなげることができるのでしょうか?

そんな時に使えるのが、
「ブリッジ・フレーズ」というセリフです。

「ブリッジ・フレーズ」とは、
セールストークと紹介を求める話の
橋渡しとなるセリフのことです。

このブリッジフレーズがあれば、
あなたは、スムーズに、そしてかなり高い確率で
お客から紹介を得ることができるようになるでしょう。


そのブリッジ・フレーズを一つ、
あなたに紹介します。

あなたの製品が無事売れた後、
このように切り出してみてください。

=================
〇〇さん、目下のところ、
私を紹介していただくことでビジネスを
拡大しようとしているのですが、
それを実現するためには、
あなたのようなクライアントが
「パートナー」になってくださったら、
きっととても心強いと思うのです。

ほんの少し時間を作っていただいて、
私がお手伝いできそうな方の名前を
何人か書いていただけないでしょうか?
=================

ポイントは、
相手に何をして欲しいのかをしっかり伝えていること、
そして、
「パートナー」という言葉を使って
相手を巻き込んでいることです。

これ以外にも、
見込み客を紹介してもらうテクニックは
山ほどあります。

まずは、この「ブリッジ・フレーズ」を使って
その効果を体感してみてください。

きっと、「紹介」の威力に驚くことでしょう。

紹介の連鎖が止まらなくなる
書籍『マル秘人脈活用術』は
こちらから

http://directlink.jp/tracking/af/1416358/uQExosuz/
==========

タグ:

コメントをどうぞ

カテゴリ:こんな本読みました-新着情報